artiwood -木のしごと 手からつくられるかたち- — チクネンフショウ Skip to content →

チクネンフショウ


カタカナで書くとなんだか分かりにくいが、つまりいつ建てられたか判然としない建物のこと。

調べてはいないが100年は優に経過している。

出隅の柱をあまりチェックしていないが躯体は捩れもなく、まだしっかりしている様に見える。

小さな畑があり、海辺まで150mくらい。

400年ほど前は琉球との海上交易の中継地として栄えていたらしい。

そして、そんな小さな家を使えることになった。

利用目的はまだ決まっていないが、まずは草を刈り、この古民家の雰囲気を壊さずに少しずつ直すことに。

そのうちにいいアイデアが浮かんでくるだろう。

ちょっと遠い、宮崎の最南端だけど。

Published in お知らせ 散歩 未分類